医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法

さて、珍しく自転車以外のエントリー(笑)

アンジェリーナ・ジョリーが遺伝性のがんを予防する措置として両乳房を切ったことが昨日話題になっていたんだが、2ヶ月ほど前にこの本を読んでいたので少し考えさせられた。

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法

血液の癌などを除き、早期発見で治療できる癌は癌もどきであって、そもそも切る必要はないと。
本当の癌だったら早期発見されたときは既に手遅れなので、なるべく痛い思いをしないようにそのままにした方が良いのだと。

他にも色々書いてあるのだが、この本に書いてあったことはだいたい納得できた。
統計的な説明の部分は少しおかしいと思うけど、確かにそうなのかもね。

皆さん、信じる信じないは別として、この本は読んでおいた方がいいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする