2013BRM210熊本300k

初の300kブルベ、完走しました!!\(^O^)/

2013-02-12 12.45.44

300km超えたのも初めてです。
200km地点を過ぎた辺りから左膝が痛くてたまらず、
惰性でペダルを回しながらもなんとかゴールしました。
公式タイムは14:39でした。(*´∀`)

コースはこちら↓

では、話は朝に遡って、家は7時すぎに出発。
8時半前には到着(受付は9時から)。
準備してると、綾祢さん登場。無断撮影されるなど。(゚Д゚)
2013-02-12 12.24.15(写真:綾祢さん)

バッグ類、ライト類を装着して準備完了。

20130214-175723

ボトルは白い方が真水で、青い方がマルトデキストリン1000kcal超(笑)。
青は色合いが悪いけど、どっちがどっちか間違えないように違う色にしてる。
ツールボトルはダウンチューブ下。

20130214-175712-e1360832451582

そして、今回新たに導入したsuewのサドルバッグfc-αと、まめさんから頂いたアルカンてるてる。
サドルバッグはかなり大きくて色々入る。
ダンシングしててもあまり振られなかったので良かった(重心が高いことによる影響はあるが)。

アルカンてるてるは夜中に山中に入るので魔除け?のためにつけておいた。
お陰で、夜中に街灯が全くない山中でも寂しくなかったです。(*´∀`)
(まめさん、ありがとうございます。)

20130214-175659-e1360832373718

ライトは3つ。
メインはキャットアイのHL-EL540RCエコノムフォース。
サブはレザインのSUPER DRIVEと、ジェントスのSG-355B。
エコノムフォースはロービームだけで使って、光量が必要な時にはレザイン使った。
ジェントスは予備で通常は点滅。
結局ゴールまで電池交換は必要なかったけど、レザインはゴール手前で電池切れ。

赤いバッグは、ついでに購入したsuewのシャリポケ。
ここに補給食入れておくと出し入れが容易なので非常に便利。
ただ本当はハンドルの手前側に着けるようになっているけど、
ダンシングするときに脚がハンドルぎりぎりまで来るので外側に。
ちょっと開け閉めがしにくいけど、まあなんとかなった。
サドルバッグはともかく、このシャリポケはかなりお薦め。

準備が済んだら、受付へ。
2013-02-12 12.24.38(写真:綾祢さん)

受付済ませてしばらくしてからブリーフィング。
ブリーフィングは、盛大なパンク音とともに始まった(謎)。
今回はクイズポイントがあるので、その説明などを聞き、10時スタート。

スタート後の混雑が嫌なので今回もフロントロウから飛び出した。
2013-02-12 12.25.22(写真:SHIBATA@RADACさん)

さて、カメラは一応持って行ってたんだけど、
準備中に撮影しただけで走行中は邪魔なので置いて行った(笑)。
よって、途中の写真はいつものようにありません!!( ー`дー´)キリッ

スタート直後、1人がもの凄い勢いで飛び出して行った。
リザルト見ると12時間切りでゴールしていたみたい、とんでもない人だ。
とにかくマイペース走行が目標なので、前を追うことはせず、出足はのんびりと・・・

・・・のつもりが・・・

いつの間にやら超特急列車に乗ってしまってたらしい。(;゜ロ゜)
しばらく3人で2番手グループを形成してしまい
(というより先が長いので身近なトレインに乗りたかった)、
PC1まで結構なペースで走行する羽目に。
今思えばあれがマズかったかも。
信号スタートで前に遅れまいと多少踏み込んでしまった結果、
終盤100kmは膝痛を抱えたまま走行することに。(-_-;)

しかし、PC1の数km手前当たりで、トレインが車で分断されてしまってからは、
前を追うのは諦めて、ここから最後まで単独走行することになった。

PC1を出てからは球磨川沿いを走る。
天気も良く、川沿いの景色は最高に良かった(写真なしw)。

前にも後にも自転車も車も人も見えず、ひたすらマイペースでペダルを回した。

1360640443xbzSi5_cs16jI2Y1360640377(写真:SHIBATA@RADACさん)
この写真は球泉洞の先だったかな?

人吉のPC2は右側にあったにも関わらず、
左側にあった大きなショッピングセンターに見とれてしまい、思わずスルー。
その先の交差点で気付いて引き返した。

ここから県境の九七峠を越え、さつまのPC3へ。
ここまではまあ予定通り。
暗くなる前に紫尾峠を越えたいので、さっさと補給を済ませて出発。

そして、出水には17:40過ぎに到着。
なんとか日没に間に合った。
2013-02-10 17.43.42

次は、水俣のPC4だったけど、これまた右側で思わずスルー。
GPSにPCは右とか左とか書いてるけど、文字が小さくて見えない。
次からはPCだけは別紙にしてどこか見やすいところに貼り付けておこうと思う。

PC4で夜装備にして、いよいよクイズポイントへ向かう。
初の街灯が全くない山道。
上りも下りもどれだけ続くのか全く見えない。
一応Edge500にもコースを入れているので、標高表示にすればある程度は分かるけど、
縮尺を変えられないので細かいアップダウンが分からない。

でもヘッドライト(ジェントスGTR-931H)は装備してて本当に良かった。
あまり明るいやつじゃないけど、それでも十分にどの程度カーブしているのかは把握できた。

で、クイズポイントの手前でトラブル発生!!
インナーからアウターに入れるときにチェーンが外れた。
いつもだったら外れそうになったときはチェーンの状態を確認して完全に落ちる前になんとかするが、
辺りが完全に真っ暗だったため、チェーンがどうなっているのか全く見えず、
完全に外側に落としてしまった。

クイズポイントで答えを撮影して最後のPC5までアップダウンの連続。
PC4の手前辺りから左膝が痛くてたまらなかったが、もうここまで来たら完走するしかない。
夜も更けるにつれ、気温もぐんぐん下がるが、光電子のインナーに、
エヴァディオの3シーズンジャケットだけで寒くはない。
下りもそのままで寒くないし、この組み合わせはかなり良いように思う。

膝も痛いし、最後のPC5では何か暖かいものを食べようと思ったが、
結局ピザまん1個だけ食べ、手足にカイロを装着して先を急ぐ。
途中まではなんとかその日のうちにゴールできるかなと思っていたが、
膝が痛くて力を入れられないので、ここからはのんびりゴールを目指した。

そして、熊本市内で赤信号に1つずつ引っ掛かりながら・・・(-_-;)
0時半すぎにゴール!
まあ大体予定通り走ることができた。

さて、次はいよいよBRM316嘉麻400km(制限時間27時間)に挑戦。
さすがに400kmは無理はしない。
12時スタートだから平均20km/hで走れれば0時半くらいに別府(250km)に到達できる計算。
別府からゴールまで150kmだから、それだったら別府で1泊できるか?
残り150kmなら余裕みても9時間ぐらいあればなんとかなるだろうから、
6時に別府を再出発できれば・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする