第22回英彦山サイクルタイムトライアル大会

英彦山CTT初参戦!
去年初めて英彦山に登ったときのタイムが1時間20分くらい。
この前、練習で登ったときのタイムが1時間5分くらい。
練習で50分切れそうになきゃ出たくないと思っていたけど、その後も練習する機会がなく、本番へ。

C(初老)クラスは3番目のスタート。
スタート順は早い者勝ちだけど、ガチの人たちの邪魔をするといけないので、少し後の方に並んだ。
そして、号砲とともに一斉にスタート!

すると、とてもヒルクライムレースとは思えないペースで、みんな山に入っていく。(゜Д゜)
そんなつもりは毛頭無かったのだが、ここで遅れてしまっては50分切りは難しいと思い、着いていった。

直後、左前方で落車発生!!
自分は右端の方にいたのだが、スタート直後の団子状態で狭い山道に入ったところだったので、
みんな次々に巻き込まれ、完全に道が塞がれた!
自分は何とか転倒は免れたものの、隣の人のペダルがホイールのスポークの間に入り、一旦停止。
でも運良くホイールは何ともなく、右端に居たため、早々に混雑を抜けられた。

もうそこからは必死に前を追う。
心拍計のレッドゾーン警告は鳴りっぱなしだが、最初の緩い登りで稼ぐつもりでディープリムホイール履いてきたし、警告は無視して行った。

1つ目の登りを終えると次の登りまでは緩い下り坂。
ここではホイールの利点を生かしてスピードを乗せつつ脚を休める。

そして、2つ目の登りへ。
最初はそれほど傾斜がきつくないものの、途中からずっと10%超えになる。
この辺りで脚が攣りそうになり、誤魔化しながら登る。

そして・・・

迫り来る後の2人を抑えて優勝!!!!

・・・なワケがない。
(注:上の写真は2つめの登りの手前で応援に駆けつけてくれてた某悪魔おじさんに撮って頂いたものです)

結果は、48:39.56(総合130位、クラス40位)

1回目、2回目と、15分ずつ更新!!(・∀・)
とりあえず目標だった50分は切れたけど、トップから10分落ちで、なんとも言えない中途半端な結果に。

どうだろう。3回目の英彦山だからこんなものなのか、トレーニングを重ねればあと3分くらい詰められるのか。
問題は心肺よりも先に脚が終わってしまっていたこと。
やっぱり坂トレーニングをきちんとやらなければ。

来年エントリーするかどうかは分からない。
45分切れる可能性がなければ恐らくもう出ないかな。(^◇^;)

以下、動画集。

こちらの14:24右端にあひるジャージが。


Video streaming by Ustream

20:00辺りに登場。

こちらの動画には、1:33辺りから最終的に千切られるまで(苦笑)、ほぼ全編に亘って写り込んでた。
国東のときも湯平のときもこの方のカメラに見事に写っていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする