Brother MyMio DCP-J925N

プリンター(Canon iP4830)が壊れた。
いや、本体は何ともなってないんだが、ノズルが詰まった。
まだ買ってから1年半なんだが、あまり使わないからまあ当たり前ちゃ当たり前なんだが、
それよりもCanonのやり方がどうも気にくわない。
本体はタダ同然で、バカ高いインクで稼ごうというのが、どうにも納得いかない。

iP4830の前は、iP3100を使っていた。
これは6年間使えた。
別に写真をプリントするわけじゃないので、
インクは社外品のインクとか中身の詰め替えとかやって使っていた。

ところが、iP3100の給紙ローラーがダメになったのか、両面印刷ができなくなってしまったので、
iP4830に買い替えてしまったのだが、これが最悪の機種だった。
Canonは、インクタンクにICチップを載せて社外品を使えなくしただけじゃなく、
インクタンクを真っ黒にして中身まで見えなくするという暴挙に出たのだ。
インクがあとどれくらい残っているのかさっぱり分からないし、
しかもインクタンクの容量が少なくなっているようであっという間に空になってしまう。

そんなところの技術開発に力を注いで何をやってる?(-_-;)
ユーザーの要望に応えるために技術開発やらないのか?
Canonの技術者もそんなもの開発したって面白くともなんともないと思うし、
やる気もなくすんじゃないの?

プリンタ本体の技術開発に力を注いで、その分のコストはプリンタ本体に乗せないのか?
それとももう本体の開発は行き詰まったってこと?

というわけで、もうCanonとは決別することにした。

で、他に良いものは無いのかと探したところ、自分の求めている条件を満たすものがあった。(・∀・)

ブラザーMyMio DCP-J925N

スキャナーは別の持ってるし、複合機じゃない方がよかったんだけど、
iOSからのWi-Fiプリントに対応して、インクにICチップも載ってない!!
評判もなかなか良さそうだし、今はもうこれしかないだろうということで、ポチっ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする