気がつけば240km走ってた

なかなか通勤以外で外を走りに行くことができず、休日はローラーがほとんど。
今年はツールド国東のAコース160kmに初挑戦するけど、よくよく考えてみたら160km走ったことって、それまで4回しかなかった。
で、ツールド国東前の練習として、どうしても200km走ってみたかったので行ってきた。
コースは大牟田~阿蘇~ラピュタ~日田~福岡で約240km。

本当は熊本まで輪行したかったけど、熊本まで電車の選択肢があまりなく、西鉄で大牟田まで行くのが一番手っ取り早そうだったので、大牟田スタートに。
去年ラーサイで一緒だった不肖氏も今は大牟田在住なので道連れに。

大牟田から県道3号線、白川沿いの県道145号線を通って立野まで。
県道145号線は車も信号もなくかなりお薦め。
それから南阿蘇に回り、阿蘇望と同じコースで阿蘇山上へ。

阿蘇から下って内牧温泉で念願の赤牛丼を食べようと思ったが、並んでいる人がとても多く、並ぶと帰りが遅くなってしまうので泣く泣くパス。

ラピュタの入口で不肖氏と別れ、最後の(筈だった)上りへ。
ラピュタ登頂し、あとは下るだけのつもりが、マゼノミステリーロードを通るとかなりのアップダウンの連続。
これは完全に予想外、まだ100km以上残っているのに。

そして、アキレス腱に違和感が。(^◇^;)

212号の合流し、そこからは正真正銘下り基調。
快調とは言えないが、誤魔化しながら先を急ぐ。
結局日没までに帰り着くことはできなかったが、なんとか無事に238km走破。
これで国東は余裕で完走できるだろう・・・と思いきや、アキレス腱痛を引きずったまま国東へ(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする