ハンドルポジションチェンジャー

BD-1をドロップ化する際、自転車屋さんに相談したら直付けではハンドルが遠くなり過ぎると言われたし、ネット上でも遠すぎるのでハンドルポジションが近くなるようにC型のステムが必要だと書いてあったので、一所懸命にC型ステムを探していたのだが、しばらく乗り続けて分かった。

俺の体型では、直付けでもハンドルが近過ぎることが!(笑)

こうなったらノーマルステムからさらに前方にハンドルを突き出させるしかない。
でもハンドルを突き出させるためには、ノーマルステムをぶった切ってシュレッドレスコンバーターでアヘッド化しないといけないが、コルナゴの入荷待ちの今となってはそれも面倒くさい。

さて、どうしようかと探していると、ハンドルポジションチェンジャーという便利なものを発見!
SATORI ABERHALLO ハンドルポジションチェンジャー ブラック

早速取り付けてみた。

これで5cm前に突き出したことになるけど、さて乗ってみてどうかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする