エネ棒

iPhoneのバッテリが1日保たない(特に、Runkeeperを使い始めてから)ので、
充電用のバッテリKBC-L2Sを常備しているのだが、こいつがかなりでかい。
でもこれだったら2回は空の状態からフル充電でき、空になる前だったら3回ぐらいいけるんで非常に便利なのだが。

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2AS

そこで、新製品のエネ棒KBC-D1ASを買ってみたのだが・・・。

SANYO NEW eneloop スティックブースター USB出力専用ブースターセット(単3形2個セット) KBC-D1AS

細長いから小さくていいかなと思ったが、そう小さくもなかった。
それより問題なのが、iPhoneをフル充電できないこと。
残り20%きった状態から充電しても途中で終わってしまう。
本当に緊急用としてしか使えない。

KBC-L2Sの容量は5000mAhに対して、KBC-D1ASは2000mAhが2本。
数字だけみれば2回は充電できてもいいような気がするが、1回すらできない。
なぜ???

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする