蟹工船

今さらながら、青空文庫で小林多喜二の「蟹工船」を読んだ。

確かに凄い話だが、これがなぜブームになったのかよく分からない。
(実のところ、本当にブームになったのかどうかさえ分からないのだが・・・。)

ましてや、映画になったところで、見せ場はあるんだろうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする