riese und müller BD-1

先日のツーリングの帰りに自転車屋に寄った理由。
通勤用の自転車を買うため。

来年のママチャリ耐久レースのトレーニングも兼ねて自転車通勤することにした。

で、普通のモノには乗れない体なので(笑)、何がいいか物色していたのだが、ツーリングのときに話をしていて、BD-1(ドイツ車)なんかどうかと聞き、早速自転車屋へ。
自転車屋はその前に目星は付けていた。

太宰府の近くのドライジーネ
自転車の始祖といわれているものと同じ名前の店だ。
嫁の実家に行く時に店の前を何度となく通っているのだが、今まで全然気付かなかった。

で、いつか行こうと思っていたので、どうせ通り道だし、(Aさんも巻き添えにして)寄ることにした。

実写を見てみると、なかなか格好いいじゃないか。
当初KHS-F20RC(アメ車)も候補に挙がっていたのだが、このドイツ車って感じの仰々しさがいい。
この日は下見なのでそのまま帰ったが、心の中ではほぼBD-1で決まっていた。

そして、とうとう買ってしまった。
riese und müller BD-1(独)
BD-1
ちなみに折り畳むとこうなる。
BD-1

なぜ折り畳みなのかというと、外に置くと盗られたり悪戯されたりというのが心配なので、11階の事務所まで持って上がりたい。
ママチャリや普通の自転車だとエレベータに乗る時に苦労するのだ。
だから多少のことは犠牲にしても折り畳みにした。

しかし、実際に乗ってみると、こいつがなかなか速い。
タイヤの径が小さいのでふらつかないように気を付けなければならないが。