ママチャリ耐久レース結果

逃亡することなく、ママチャリ耐久レースに出走してきた。

想像以上に最後の上りがきつく、ほとんどのチームが1周でピットに戻ってくるという情報を事前に得ていたが、出走前は実際にどんなものなのか分からないので余裕の表情だ。
CIMG5326.jpg

スタート位置は全体の1/3くらいだった。

予定時刻から10分遅れて、12:40にレーススタート。
1コーナーまで全力で漕ぐ。
1コーナーを回った後は、いくら漕いでもペダルは空回り、ずっと下りなのでタイヤの回転の方が速いのだ。

緩い2コーナーを回って3コーナーが近づく。
目の前でチャリが前方宙返り。
いきなりクラッシュだ。
レース前のミーティングで3コーナーは一番危険だと説明があっていたが、まさに目の当たりにした。
まだ団子状態なので軽くブレーキングして3、4、5コーナーを回る。
そして第1ヘアピンへ。
第1ヘアピンの立ち上がりはアウト側へ出た。
作戦成功!右の100R、左の100Rで十数台ぶち抜く。

・・・が、その先に地獄の坂道が。
シートの高さが全然合っていない。
膝がずっと曲がったままで力が入らず、がんがん抜かれる。
ここで出走したことを思いっきり後悔、もうリタイヤしてもいいとさえ思った。
それでも何とか登り切り、とてももう1周なんて走れないのでピットインする。

ピットレーンではチャリを降りて押して走らないといけない。
で、チャリを降りると足が・・・。
足が全く動かない。思わず転びそうになった。
そして、ふらふらになりながら自分のピット前まで戻り、ライダー交代。
何とか1周は走りきった。

その後はなんとか順調に走りきり、168位、周回数29周で完走した。
目標30周に1周届かなかったが、来年は30周走ろうと皆で誓った。

おまけ
レース後、大抽選会があった。
当選は20チームくらい。
チームのゼッケンナンバーが次々に発表されるが、なかなか当たらない。
そして最後の商品の当選者が発表された。

はずれ・・・さて、帰ろうかとしていると、
「いませんかー?いませんねー?では次の番号は・・・」
「125番」
あたったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
最後の大逆転勝利だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする