相続登記手続き(その1)

さて、書類はオンライン申請分も含めて一通り準備した。
ちょうど病院に行く予定があり、翌日は有給休暇を取っているので、この日に手続きをすべて済ませるつもりで挑んだ。
なお、オンライン申請入門というサイトの解説が非常に詳しく書かれており、この通りやれば大丈夫だと確信していた。

朝一番にPCからオンラインで申請してそれから出掛ければ良いと思ったが、念のため、前日にオンライン申請できるならばしておこうと思い、急いで帰宅した。

オンライン申請の受付は午後8時まで。
法務省オンライン申請システムからログインした。
ここで、JAVAアプレットの読み込みが始まり、無事メインメニューが表示された。
(このPCには複数のJAVAのプログラムがインストールされていたが、ここで無事に起動したので安心してしまっていた。)

そして、申請書データの読み込みを行い、添付書類と納付情報の確認を行った。
次に申請データへの電子署名だ。
ICカードリーダに住基カードを差し、ICカード差し込み完了の確認画面で「了解」ボタンをクリック。

・・・何も起こらない。パスワードを聞いてくるはずなのに・・・。

何度やっても聞いてこない。
念のため、公的個人認証サービスのソフトでICカードの電子署名を確認してみたが、ちゃんと読み込みはできる。

やはりJAVAのバージョン相違が問題なのか!?
とりあえず指定されているJAVAのバージョン以外のものをアンインストールし、再チャレンジ。
それでもダメだ。
この時点で受け付け終了まで残り15分。
そういえば説明書にはちゃんと順番通りにインストールを進めないとダメだって書いてあった。
もう一度説明書に従い、最初の法務省認証局自己署名証明書の登録からやり直す。
と同時に、念のため、別のノートパソコンにも一からインストールを行ってみる。

ノートパソコンはスピードが遅くて全然先に進まない。結局無駄に時間を過ごす。
いつものメインPCの方はあっさり再インストールが完了したが、受け付け終了まで残り2分。
とりあえず、再度ログインし、手続きを進めた。
そしていよいよ電子署名、ICカードリーダに住基カードを差し、ICカード差し込み完了の確認画面で「了解」ボタンをクリック。

キターッ!!パスワードの入力画面。
無事、申請データへの電子署名ができた。
そして、いよいよ申請書の送信だ。
送信実行!!



エラー!?
結局時間切れで撃沈した。

まぁ、明日があるさ。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする