エイプリレー結果

9時から練習走行。
ピットから直接ピットロードに入って練習走行に入ってしまい、いきなり黒旗を振られる。
ピットロードに戻ってこようと思っていたら、つい入り損ねてそのままもう1周走ったら途中で止められた(笑)。
再度次の周でピットロードに入り、本格的に練習走行。

超久々のサーキットで体が緊張のあまりに硬直し、全然走れない。
しかも100ccのミニバイク、どのギアで走ればいいのかさっぱり分からない。
とりあえず2周だけ走って相方に交代した。

そして9時半からレース開始。
第1ライダーを務める。
ルマン式のスタート。
スタートはゼッケン順なので後ろから3番目だった。
これならのんびりスタートしても構わないだろう。

レースはスタートしたが、ここからが練習走行のようなものだ。
前にメタボリッキーが走っている。
一旦は前に出るが、アクセルの開け始めが遅くて結局抜き返された。
しかし、そのメタボリッキーは、重量があるせいか、ブレーキングのタイミングがかなり早い。
バックストレートエンドで距離を詰めたが後ろからもっと早い人が来てしまい、抜くタイミングを失う。
その後、相方に交代。

そして、2回目の交代。
1回目よりは恐怖心もなくなり、だんだん慣れてきた。
バックストレートエンドの後のヘアピンでようやく膝が擦れた。
膝を擦ったのは一体何年ぶりだろう。
その後、同じコーナーでは膝でバンク角が計れるようになった。
そして慣れてきたところでライダー交代。

すると、相方が終盤にコースアウト&転倒。
何とかピットインしてきたが、リアブレーキレバーが曲がってた。
何とか力ずくで元に戻し、3回目の交代。
最後の最後に自分のベストラップは出せたが、ようやく慣れてきたところで11時終了。

結果は・・・聞かないで。
とりあえず怪我もなく完走したということで、めでたし、めでたし。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする