300とダイ・ハード4.0

う~ん・・・タイトルだけみると何のことだか良く分からん状態になっているが、
先々週末に「300(スリーハンドレッド)」を先週末に「ダイ・ハード4.0」を観た。

「300」は、全編が絵画的でリアリティには欠けるが、スパルタ軍の凄さは伝わった。
しかし、それにしても血しぶきの絵が多いこと。
生々しくはないが、子供には見せられないかな。

「ダイ・ハード4.0」は、「4.0」が「Web2.0」に由来するんだろうと簡単に想像は付くが、
映画を観ると「あーそういうことね」って感じ。
映画自体は前3作よりも豪快だったと思う。
ブルース・ウィルスもシュワちゃんにかなり近づいたかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする