ディーゼルエンジン

先週のル・マン24時間耐久レースで、ディーゼルエンジンを搭載したアウディR10が総合優勝したらしい。
最近民放でル・マン中継をやってくれないので、結果しか知ることができず、非常に残念だ。

それにしても、ディーゼルエンジンの可能性というのは、やはり凄いようだ。

日本では某都知事のお陰で東京都にディーゼル乗り入れ禁止という訳の分からない条例を作って完全に悪者扱いのディーゼルエンジンだが、ヨーロッパではガソリンエンジン搭載車よりも圧倒的にディーゼルエンジン搭載車の方が多いらしい。

最近では直噴技術などのお陰で軽油を完全燃焼させることができるそうで、二酸化炭素の排出量はガソリンエンジンよりも少ない。
同じ排気量であればトルクもガソリンエンジンよりも圧倒的に大きく、実用レベルではディーゼルエンジンの方がはるかに優れている。

日本は完全に時代の流れに乗り遅れているようだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする