確定申告2005

今年の初めに社会保険事務局からの医療費のお知らせをみて愕然とした。
下半期の合算だったが、めちゃくちゃ医療費が掛かっていたのである。
まさかと思って上半期の医療費のお知らせをみてみると、どうも我が家は2005年に18万円くらい医療費を払っていたらしい。

これは確定申告しなければ!!
10万円以上は控除の対象らしいので、8万円が控除になり、その10%くらいの8千円が臨時収入として戻ってくるのでは!?

さて、去年のレシート、領収書をかき集め、集計した。
ばっちり18万円くらいある。

ラッキー♪v(^.^)v

そして、国税庁のホームページで所得税の確定申告の手引きをみた。

「確定申告をすれば税金が戻る方」

・・・これだこれだ。

ところが、読み進めていくと・・・

「給与所得者で確定申告をする必要がない方(給与所得や退職所得以外の各種の所得金額の合計額が20万円以下の方など)が、還付申告をする場合には、給与所得や退職所得以外の各種の所得についても申告をしなければなりません」

なんと!よくよく考えたら、去年は株で5万円ぽっちの収入があったんだった。
20万以上の利益が出るとは思っていなかったんで、特定口座(源泉なし)にしていた。
申告は不要だと思っていたが、これではたった5万円の利益を申告しなければならない。

そして、計算の結果、控除されるはずの8万円から5万円が引かれ、控除は3万円。
還付はたったの3千円ぽっちとなってしまった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする