初詣ツーリング

昨日、初詣ツーリングに行ってきた。

久留米のVital Spiritに7:30集合、8:00出発だ。
その前日、中学時代の友人が帰省中で家に遊びに来ており、帰ったのが3時過ぎだったので、それから風呂に入り、寝たのが4時半くらい。
結局、2時間くらいしか寝られなかったが、6時半頃起きて7時半前くらいに家を出た。

時間がないので高速道路を使ったが、久々の極寒ツーリングを甘く見ていた。
ウインターグローブの中に防寒用の特殊素材でできたグローブをはめていたが、何の役にも立たない。
指がちぎれそうなぐらい寒い・・・。(*_*)

交差点でもあれば手を左右に張り出したエンジンヘッドで温めることもできるが、高速道路ではせいぜい左手だけしか温められない。

程なくショップに到着し、みんなが揃って8時過ぎに出発。
久留米から河川敷を通るルートだったが、途中の気温はマイナス2℃だったらしい。
信号で停車する度に左右の手をエンジンヘッドで温めるようにしていたが、走り出すとすぐに冷え切ってしまう。

そして、目的地である祐徳稲荷神社に到着。

とりあえずお参りだけして、次なる目的地、牡蠣焼きのお店へ。

ビニールハウスようなお店だったが、中は暖かく、ようやく一服できた。
そして牡蠣も食べ終わった頃、案の定、偏頭痛の兆候が出てきた。

祐徳稲荷に到着する直前ぐらいにも嫌な予感はしていたが、ホッとしたついでに現れたようだ。

忘れないように前日の夜から入れていた薬をバックから取り出す。

・・・ない。


入ってない・・・。(–;

おかしい。確かに入れたはずなのに・・・。
無いと分かると、また急激に体調は下降線を辿る。

今日はこれまで。
急いで帰路に就く。

頭痛と吐き気がじわりじわりと襲ってくる。
高速を通るか、下道を通るか悩むところだが、一刻も早く薬を飲まなければやばそうなので、高速を通ることにした。

佐賀大和インターから高速に乗ったが、やはり寒い。
日が差しているので、朝ほどではなかったが、指がちぎれそうなぐらい寒かった。

何とか無事に家に帰ると、台所のテーブルの上に薬を入れたケースがあった。

そういえば朝、薬を追加しようとテーブルの上に置いて、トイレに行った。
そして、トイレを出てきたところでそんなことはすっかり忘れてしまっていたようだ。
何のために前の日から準備していたんだか・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする