台風14号

今年一発目の台風到来!

とりあえず出勤したものの、JRが止まり、私鉄も止まりだしたので、自分もひどくなる前に帰ることにした。

帰りは傘を差すことができなくなると思ったので、ほとんど使ったことのないバイク用のレインコートを持って行っていた。
おかげで事務所から地下鉄入口までほとんど濡れずに辿り着くことができた。
駐車場まではふだん地下鉄一駅分歩いているが、濡れるし何か飛んで来たら危ないので地下鉄で移動した。
車に乗り、後は家まで風に気を付けて帰れば、濡れることもないはずだ。

ところが、家からゴミ袋がないので買ってこいとの命が下り、帰りにコンビニに寄ることになった。
コンビニに着き、窓越しに雨の様子を伺う。
コンビニの駐車場からドアまでほんの2~3mの距離。
タイミングを見計らってダッシュする。
幸い、ほんの少し濡れただけで店の中に入れた。

レジで支払いを済ませ、最後の難関へ。
店内からドア越しには外の雨の様子がよく分からない。
ええぃ、ままよと、一か八か、ドアを押し開けて外へ飛び出した。

外は激しい雨が渦巻き、一瞬で体が包み込まれた。
車内に入ろうとドアノブに手を掛ける。

・・・開かない。

店内から車のドアロックをリモコンで開いていたつもりだったが、ロックは解除されていなかった。
もう一度ドアロックを解除して車内に乗り込んだとき、すでに体はずぶ濡れだった。(–;

あーあ、何のためにレインコート持って行ったんだか・・・。



この物語は実話に基づいて作成されたフィクションです。(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする