AMG

先日、仕事でクライアントの車に乗ったが、それがなんとMercedes-Benz E55 AMG。
Mercedes-Benzのチューニングカーで、余裕で一千万円以上する車だ。

Mercedes-Benzにはあまり興味がなかったが、値段が値段だけにやはり凄い車だった。
スポーツ車だけど乗り心地はいいし、シートのホールド感はスポーツカーそのもの。
内装もすばらしかった。

けど・・・。


BMWもそうだけどMercedes-Benzも右ハンドル車は作りが中途半端だ。

まず、右ハンドルにもかかわらずウインカースイッチが左にある。
まぁ、これは何とか慣れてしまえばいいのだろうが、シフトレバーの溝の切り方が左ハンドルと同じパターンで切ってあるのがどうにも納得いかない。

あの溝のパターンは人間工学に基づいて自然に操作できるように設計されていたはず。

それが何で右ハンドル車なのに左右対称になっていないのか!?

製造コストがかかってしまうのは分かるが、きちんと正規輸入で右ハンドル車を作っている以上何とかならないものかと思う。

だから僕は、日本の道路でいくら乗りにくくても、左ハンドルを選択してしまう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする