マフラー

さて、最近すっかりGuzziネタから遠ざかっていたが、久しぶりにMy Guzziのカスタムについて紹介する。

この前、ブレーキのカスタムについて書いたが、その前にマフラーを交換していたことを思い出した。
そもそもこのマフラー交換から大きく道を踏み外すことになる。

マフラーは1100Sportの購入時からいつか定番のテルミニョーニに換えようと思っていた。
しかし、いろいろ見ていると、どうもそのエキパイの取り回しが自分の心を突き動かさない。

これが結局、某誌に「カスタム嫌い」と書かれる原因となったのだろう。
カスタムが嫌いなのではない。
自分のイメージする形が具現化されなかったからカスタムできなかったのだ。

自分の中に出来上がっていたイメージはエンジンからV字にエンジン下まで降りてきて、オイルパンの下を通って後ろに流れていくものだった。

このことをいつもお世話になっているVital Spiritの西口さんに相談すると、「それならば作るしかないねー。」と言われた。
幸いにも目の前にある西口さんの1100Sportのマフラーは自分のイメージにぴったりだったのだ。
しかもこのマフラーは西口さんがレースで培ったノウハウが詰め込まれている。
「これしかない!」と思い立ち、オリジナルマフラーを作ってもらうことにした。
本当はオールチタンと言いたいところだが、コストパフォーマンスの高い軽量ステンレスでお願いした。
金額的にはテルミニョーニとほとんど変わらない。

マフラー製作は大阪のテックサーフで行うため、1100sportを大阪まで送った。
これが完成したオリジナルマフラーだ。

テールエンドをカウルぎりぎりまで跳ね上げたかったのでノーマルのウインカーは付けられなくなった。(^^;

しかし、今思えば、あのときここまで跳ね上げていたお陰で、その後、テールカウルを交換してもそのままちょうどいい高さとなったのである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする