新型ステップワゴン

ステップワゴンがフルモデルチェンジされた。
Honda ステップワゴンをフルモデルチェンジし発売

今、乗っているステップワゴンは平成9年3月に購入したので、既に8年も乗っていることになる。
通勤に、スキーに、旅行に、大活躍だ。
さらに雑誌の記事でトランポに使えるというのをみて、Guzziを乗せてサーキットにも出動する。
元々、前に乗っていたBMW325iカブリオレではスキーに行けないからという理由で買った車だが、これほど大活躍した車はない。

ステップワゴンは、これまで何度かモデルチェンジしているが、今回はかなり変わると聞いていた。
そこで、早速お世話になっているディーラーに行き、試乗してきた。


フローリングの車内というのが話題になっていたが、ここでチェックするポイントはもちろんGuzziが乗るかどうか。(笑)
Guzziが乗らなければ買い直す意味がない。
見たところ、2列目のシートを1つ外せば乗りそうだ。
タイダウンする場所は微妙だが、シートベルトの輪っかに通せばなんとかなるだろう。

次に走り。
今のステップワゴンを購入した際、決めてはブレーキの効き具合だった。
排気量は2Lだからパワー不足は否めないがこれは我慢できる。
ブレーキが効かないのは我慢するわけにいかないのでかなり重要なポイントだ。

新型も試乗車は同じ2Lだったが、まぁ、8年の技術の進歩はすばらしく、同じ排気量とは思えないぐらい力はありそうだ。
欲を言えば2.4Lの方がいいが、もし購入するとなると維持費の問題から2Lにするしかないだろう。
ブレーキの効きは今のやつよりも良かった。

運転席からみた感じもかなり開放的で、ミラーの前の三角部分に覗き窓が付いているのですごく見やすい。
全長は室内長はそのままに短くなっているそうで運転はやりやすそうだ。
普段は嫁が乗ることになるだろうから、これもポイントとして高い。

結論としてこれは“買い”だ。
Z4を買ったばかりなのでしばらくは買えないが、何年後かには今のステップワゴンと入れ替わっているだろう。(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする