コンスタンティン

土曜日映画に行ってきました。

キアヌ・リーブス主演の映画『コンスタンティン』。

キアヌ=ジョン・コンスタンティンが悪魔を地獄へ送り返す話なんだけど、これがまたヒーローなのかどうか分からない。

「悪魔を見分ける特殊能力を持ったジョン・コンスタンティンは、人間界に潜む悪魔を地獄へ送り返し続けている。その体は末期ガンに冒され、余命は1年。悪魔祓いの最中、不穏な空気を感じたジョンは、地上を成立させている、天国と地獄の均衡が崩れかけていることを知る。同じ頃、妹の自殺に不審を抱く女刑事アンジェラが、ジョンに協力を頼んできた。妹、イザベルの手首には、サタンの子ルシファーの印が刻まれていた…。」(ワーナーマイカルシネマより)

途中まで何だかなーとか思って見ていたけど、最後は見事に予想を裏切られる展開!!

最近見た映画の中ではなかなか面白かった部類に入るっす。(^.^)v

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする