城の崎にて

キャノンボール初日の目的地は城崎、予想走行距離は600kmを超える。
総排気量2,979cc、最高出力170kWのZ4では多少力不足の感はあるが、他に参加車両もなく、トラブルさえ出なければ、今回ぶっちぎりの優勝は間違いないだろう(笑)。

レッドシグナルからグリーンシグナルへと変わるのを待つZ4。

冗談はさておき、今回は途中、鳥取砂丘に寄ろうと思っていたので、思惑では昼過ぎぐらいに鳥取砂丘に到着し、城崎には午後3時頃着くつもりでいけば大丈夫なつもりだった。
であれば高速で太宰府から津山まで5時間、鳥取砂丘まで2時間弱ぐらいかなということで、朝6時に出発するつもりだったが、案の定出発は1時間遅れの7時。

出遅れた分を取り戻そうと思うが、ウイークデーなので通勤ラッシュに掛かり(こっちでは通勤ラッシュといっても高速道路上で停車するほど混むことはない(笑)。)、思うように飛ばせない。

しかし、九州道から中国道に入ると、車も少なくなり、かなり快適なドライブが楽しめた。


中国道に入ると、途中道路脇に雪の山があるのに気付く。
そ、外は寒いんだ。( ̄□ ̄;)!!
さすが北国(九州よりも)。
九州では山の上でもこの時期雪は見られないだろう。

車も少なく快調に飛ばしていたら、もう少しで津山インターというところで腹が減る。
朝はコンビニで買ったパンを早い時間に食べただけだったので当然だ。
途中のサービスエリアでカレーヌードルを食べる。

津山インターを降りたのは12時を回っていた。
一般道に入ってここぞとばかりに幌をオープンにしてしばらく走っていたが、遠くの山の上に雪が見えるし、かなり寒い。

それでも途中何度か幌を開け閉めしながら走る。
結局昼食は鳥取砂丘のちょっと手前のドライブインで取った。
メニューはカルビ丼(写真撮るの忘れてました・・・。)。

結局、鳥取砂丘に到着したのは14時過ぎだった。

二瘤駱駝のチェリー。

それからしばし土産物屋を物色し、鳥取砂丘を出たのは16時頃だった。
しかも途中道を誤り、ちょっと遠回り。
海沿いの道はかなりカーブがきつく、ついつい血が騒いでアクセルを踏み込む(笑)。

とりあえず無事に宿(天望苑)に到着。

なんとここのお風呂、畳敷きです。

「かにすき&焼きがに&湯巡り付で1万円ちょっとプラン」でしたが、料理の量としてはちょうど良く、料理、風呂ともに十分満足できました。(^.^)b

え!?料理の写真!?
ええ、もちろん撮るの忘れてがっついてました。(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする