未完成の新車

GUZZIは未完成の新車だとよく言われる。
買った状態の真っ新の新車はまだ完成していないのだ。

トラブルが発生することは決して許せることではないが、初めのうちにトラブルを出尽くしてしまえばそう壊れることはない。

細かい作り込みが甘い分、かなり安全側に作ってあるのだと思う。
したがって、カスタムの幅も自然と拡がることになる。

ちょっといじっただけでマシンは激変する。
国産車は誰が乗っても上手く、速く走れるが、GUZZIの場合はそうはいかない。

国産車の場合は万人を受け入れるための最適値がきちんと設定してあり、その分カスタムの余地はほとんどない。
下手に触ればその絶妙なバランスが崩れ、乗りにくくなってしまう(※たぶん偏見(親バカ)です(笑))。

GUZZIの場合は、万人受けしないが、カスタムの幅が非常に広く、自分好みにどうにでもなるのだ。
トラブル録はまだまだ続くが、すべてのトラブルが出尽くしたとき、自分の理想とするGUZZIが見えてくる(はず・・・?(笑))。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする