GUZZIトラブル録(其の四:電気系統編)

ショップから車検が終わったという連絡が入ったので週末ショップに取りに行き、そのままいつも行く耶馬渓の喫茶店「木精座」までひとっ走り。

いつものように江川ダム、小石原を抜け、「木精座」で一杯のコーヒーを楽しむ。
片道2時間弱、ちょっと長めの散歩程度の距離だ。
帰りは大抵、日田から高速に乗って帰る。
休日の下道は混雑するので、クラッチの重いGUZZIには辛い。

して、高速に乗ると、何やらバッテリーの警告ランプが・・・。

マジですか!?( ̄□ ̄;)!!(笑)


確かに一週間くらいショップに預けていたが、バッテリー上がり?
ははは・・・まさかね・・・。(^^;

帰り道にショップに寄って説明する。
「バッテリーの警告ランプが点きっぱなしなんですけど・・・。」
「え?ちゃんと比重もOKだし、充電しておいたけどな・・・。」
   ・
   ・
   ・
「これ、発電しとらんよ。レギュレーターが動いとらん。悪名高きDU●AT● ELECTORONICS製だからなぁ~。高いよ。これ。」
「がーーーーん。(*_*)」
   ・
   ・
   ・
GUZZIは車検終了後、帰宅することなくそのまま入院。
レギュレーター交換、締めて¥43,123なり。

この話と無関係だが、1100SPORTのテールランプはDUCATI MONSTERと同じものである。(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする