BMWトラブル録(其の一:塗装編)

まぁ、国産でない以上、多少のトラブルはつきものなのだが、その内容というのが、国産では到底あり得ないことなんです。(^^;

納車日のこと。

うちの親が車を眺めていて騒ぎ出した。
助手席のドアのところに傷が入っているという。
見てみると、黒いドアに米粒よりも大きな白いものが。

・・・塗装されてない!?( ̄□ ̄;)!!

どうみてもそうとしか思えないような白い部分。
黒い塗装から浮き上がってみえる。
営業マンは申し訳ありませんというが、そんなこと言われても・・・。
納車されてそのまま持って帰るか!?

とりあえずその週末は乗って、週明けすぐにドック入り。
先が思いやられる・・・。

で、その結果は・・・。

BMWでは、まれに起こりうるらしい。
塗料に水分が含まれたまま仕上がるとこういうことになるらしく、ドライヤーで暖めたら綺麗に直ったとのことでした。

まぁ、ドア一枚塗り直さずに済んだんで良かったよ・・・。(´。`)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする