苦悩

最初ぐらいまじめに投稿(笑)。

Guzziの縦置きエンジンはトルクの反動により車体を左右へ揺らす。
車体はアクセルオンで右、オフで左に持って行かれる。
この感じ方は人により様々だと思うが、これは結構厄介だ。

僕の場合、アクセルのオン、オフにより揺れる車体に対して自然に体が逆らう。
それがどういう結果を招くかというと・・・右左折できなくなる。

交差点内で一旦停止さえすれば曲がれるのだが、走りながらリーンできない。
交差点へ減速しながら入っていくとバイクは左へ引っ張られているので右へ曲がれる気がしないのだ。
ここでスロットルを開ければGuzziは右へ傾き、勝手に曲がっていけるのだが、自分の予想以上にバイクが右へ傾いていくのが恐くて開けられない。

僕の場合は左折はまだ良かった。
人によっては左折しようとしてもスロットルを開けた瞬間、バイクが起きようとするので曲がれなくなるという人もいるが、そんなに攻めている訳ではないのでそれほど感じなかった。

この苦悩は2年ほど続くが、それでもGuzzi以外のバイクに乗る気はしなかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする